スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再始動

2012年03月05日 16:55

2009年から2011年までキルギス共和国で日本語教師として活動させていただきました。

2011年6月に帰国後、ブログの更新が途絶えていましたがまたまたスタートいたします。

今年の4月からは中国へと飛び立ちます
さて、中国では何が待っているのかな

同じアジア地域なのでブログ名も変えずに続けていきます。(ちょこっと変更あり)

これからは特別な行事だけじゃなくて、日常のちょっとしたことも
書いていきたいなと思います。
いろんな発見、経験を一つ一つ楽しみながら中国ライフを送っていくぞ~!!
スポンサーサイト

東日本大震災で被災された皆様へ

2011年05月20日 20:41

キルギス共和国法律アカデミーの学生たちが
日本の東日本大震災で亡くなられた方々のご冥福と
被災された皆様の復興を心からお祈りし、
千羽鶴を折ってきてくれました。

週に1回しか日本語の授業がないにも関わらず、日本に関心を持ち
震災後いち早く「私たちに出来ることはないか?」と自分たちで考え
動いてくれました。

初めて折り紙を折る学生たち。折り紙がないので似たような紙を
正方形に切って皆で力を合わせて、千羽折ってくれました。

彼らが一生懸命折ってくれた千羽鶴はJICAを通して東北大学に送られます。

turu5.jpg

turu2.jpg

turu1.jpg

turu4.jpg

彼らの温かい気持ちが日本の皆様に届きますように。

ПЛОВ

2011年01月15日 14:51

ПЛОВ
   プロフ

キルギス伝統料理の一つ
米と肉や野菜を炒めて炊いたもの。
日本で言うところの炊き込みご飯。

1月7日ロシア正教のクリスマスに
法律アカデミーの先生と学生たちがやってきて
プロフを作ってくれました!
カザンというお鍋も材料も全て持参してやる気満々!

準備するもの、牛肉1・5KG         
         人参  6本         
         玉葱  4個                  肉2
大量の油で揚げ炒め!油カップ2杯くらい・・・。
炒め2
しっかり炒まったら、お米を投入。米3~4KG。いったい何人前作る気だろう。
米2
またまた炒めて全体に油がまわったら、水1~2リットル。
煮る2
出来上がるまで40分程かかるというので
お箸のレッスン。初めてお箸をもった学生たち。なかなか上手に動かします。
もうちょっと上を持ったほうがいいかもね。
箸2
できたかな?お米に芯が残っていないかチェック
チェック2

☆プロフ完成☆                                                   完成2
調味料は塩と肉の臭みを消す香草だけ。
塩分控えめ、シンプルでおいしいプロフができました。

キルギス人は塩と油が大好きなので、こんなにあっさりした
プロフは初めて食べたかもしれません。
食べる2
日本人とキルギス人合わせて8人でプロフパーティー!
ほとんど日本語が話せない学生たちだったので、会話は80%ロシア語。
お箸の練習したのに、結局フォークで食べることになってしまいました。
お箸は動かしてみたかっただけみたい。残念。

次はお寿司を一緒に作りたいそうです。
海苔を見せたら「コレは紙でしょう?食べられますか?」と聞いてきた学生たち。
ちょっと食べてみて~と渡した海苔も、少しかじってゴミ箱に捨てられていました(泣)。
本当に巻き寿司を作って食べられるか不安です。。。

Кочкол コチコル

2010年06月25日 20:43

ビシケクから車で4時間の町、コチコル

今回は馬で小旅行
山の中のユルタで一泊してから
次の日に目的地である標高3000メートルの湖を目指しました!

mt2.jpg

行きは約3時間から4時間、馬に揺られながら山を登ります。
馬に恵まれて、よく言うことを聞く馬にあたり
たくさん話しかけながら、ゆっくりマイペースで登りました。
私の馬:命名マクサット
may2.jpg


up2.jpg
1日目、宿泊するユルタの前にある丘で

ユルタは暖かいと聞いていたけれど、隙間風が入ってきて
夜はチャイにコニャックと砂糖を入れて飲み
体を温めてからお布団へ。それでも寒い!寝心地悪い!!
眠れなかった人続出でした。
朝ごはんは体に優しいカーシャ(ミルク粥)とボルソック(揚げパン)
mor2.jpg
カーシャは苦手なはずだけど、ここのカーシャは美味しく頂けました。
環境のせいかな?ユルタの中での食事も趣があって良い!!

朝食の後、3時間ほどかけて目的地ウクル湖へ!
崖のようなところを馬で駆け上がっていきます。
uma2.jpg

目的地ウクル湖!!
青と緑のグラデーションの小さな湖。
後ろには雪山を臨み、大自然を満喫しました!
jump2.jpg

山の天気は変わりやすく、途中雨に降られて
凍えながらの登山になりましたが、本当に楽しかったです。
日本じゃ出来ない体験ができました!

第14回中央アジア日本語弁論大会

2010年06月09日 14:20

14-й Центральеоазитский Конкурс
оратоского искусства
на Японском языке


第14回中央アジア日本語弁論大会が
5月29日(土)にカザフスタンのアルマティで行われました。

今回、私はキルギス代表質問作成員としてこの大会に参加し
カザフスタン、ウズベキスタンの代表の方々と全ての弁論に対する
質問を作成しました。大会当日も弁論発表者に質問させて頂きました。

この大会はキルギス、ウズベキスタン、カザフスタン、タジキスタン、トルクメニスタンで
国内大会を勝ち抜いてきた各国代表が弁論発表し、競い合います。

今回の参加者
         キルギス6名
         ウズベキスタン5名
         カザフスタン5名
         タジキスタン2名
参加者1

弁論内容は多岐に亘り、自国の社会問題から人間の内面に迫るものまで
聴衆に訴えかけ、また自分にも問うというようなものが多かったです。
一風変わった弁論では、自分とアニメの関係を話した学生もいました。
speech1.jpg

speech2.jpg

どの弁論も非常に面白く、興味を惹かれるものばかり
国内大会を勝ち抜いてきただけあって、発音も話し方も素晴しかったです。

審査結果を待っている間はアトラクションを楽しみました。
よさこいソーラン節、空手、剣道、空道、カザフ民族舞踊、
民族楽器演奏などなど。聴衆の心を掴む催しがされました。
karate.jpg

審査の結果、1位カザフスタン、2位ウズベキスタン、3位キルギス
      4位ウズベキスタン、5位ウズベキスタン、6位ウズベキスタン となりました。
表彰2

来年はキルギスで行われる「中央アジア弁論大会」
今回の大会よりも、さらに良いものを作り上げられるように
頑張らなければ!と強く感じています。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。